WordPress 学習② 必要なテンプレートタグを記述する

WordPress

どうも、にわじゅん(@niwajun_blog)です。

前回、自作で必要最小限のファイル構成でテーマを作成しましたので、今回はindex.phpファイルにテンプレートタグという物を使ってWordPressでは必須の記述をしていきます。

前回の記事はこちら。

WordPressはPHPというプログラミング言語で作成されていて、
<?php ~~~ ?> の ~~~の部分に関数(数式みたいなコード)を書くとプログラムを起動していろんな働きをしてくれます。

テンプレートタグとは、WordPress独自の関数で、例えば、

<?php the_title(); ?>   ⇒  投稿記事のタイトルを表示させる
<?php the_content(); ?>  ⇒  投稿記事の文章を表示させる

といった感じで関数によっていろんな働きがあります。

前回作成したindex.phpにはまだ何も記述していなかったので、<head><body>などの基本的なコードを書いて、とりあえず適当に『サンプルテキスト』と書いて、ブラウザで表示させてみます。

ちゃんと表示されてます。(当たり前ですね。。。)

スポンサーリンク

テンプレートタグを使って、wp_head、wp_footerを記述する

WordPressでテーマを作成するのに必須のテンプレートタグがあるので、記述していきます。

index.phpなどのファイルには必ず記述しなけらばいけないテンプレートタグがこちら。

<?php wp_head ?>
<?php wp_footer ?>

このテンプレートタグはプラグインを正常に機能させたり、WordPressにログインした状態でサイトを表示させた時に画面上に管理バーを表示させたりなど、色んな働きをしてくれます。

記述する箇所は、<?php wp_head ?>は</head>タグの直前、<?php wp_footer ?>は</body>タグの直前です。

コードを書いたら保存をして、ブラウザでサイトを表示させてみます。

画面の上の方に管理ツールバーが表示されていますね。各アイコンをクリックすれば、ダッシュボードへアクセスしたり、新規投稿などが出来るようになります。

今回はここまでです。テンプレートタグは他にもいろんな種類があるようなので、インプット→アウトプットを繰り返して使い慣れていきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました